【幻釣公式ロゴ】

calender

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
        

categories

archives

                          
        

スポンサーリンク
          

        

links

小田原団子釣り 20170507 @おっくん

0

    みなさん、こんにちは。

     

    お前を泥団子にしてやろうか、こと、おっくんです。

     

    神奈川に引っ越してから、団子釣りのポイントを決めあぐねていましたが、

    ようやく候補に巡り合えました。

     

    小田原の有名な漁港です。

    まわりのみなさんは棒浮きでのフカセをされているので、

    団子釣りでも展望があるかと思います。

     

    肝心の釣果はありませんが、当日は小さなイワシがはいっていました。

     

    今回はみなさんに団子釣りの魅力を紹介したいと思います。

     

    団子釣りは誘導仕掛けでの長めの棒浮きを使用するものです。

    砂とぬかなどを配合した練餌の一種で、オキアミのさし餌を包み、

    団子状にしたものを投げ込む方法です。

    団子の素はメーカーでいくつか市販されているものが便利です。

    投げ込んだ団子は浮き釣りにしては当然重く、浮きの浮力を無視して着底します。

    団子が着底した際、棚をウキが若干シモル程度に調節し、

    底付近を探ります。

    ターゲットはクロダイですが、メジナなども狙うことができます。

     

    ここで最大のおすすめポイントは、比較的簡単にクロダイやメジナを狙えるというところです。

     

    フカセ釣りでは、タナの設定、コマセワーク、さし餌とコマセの同調といった、

    高尚なテクニックを要します。

     

    一方、団子釣りでは、団子自体を投げ込むので、すなわち、潮を読まずとも

    さし餌を同調、アピールすることができます。

    タナは、団子が着底したときに、浮きが若干シモル程度という明確な基準があり、

    とても扱いやすいです。

    また、誘導仕掛けを組むことができると、投げサビキや遠投かご釣りなどに応用することができ

    釣りの幅を広げることができます。

     

    厄介なのは、団子を手で投げるコツをつかむこと。

    団子の割れる時間を調節すること。

    長くガイドの多い磯竿の扱いが煩わしいこと。

    手や釣り具がすごく汚れること。

     

    なかなかされるかたと出くわすことがありませんが、

    サビキ釣りに飽きた、というかたは是非いちどお試しあれ。

    コマセなどで寄せて浮かさないと釣ることができないような

    魚たちを狙える面白い釣り方です。

     

      ブログランキングに参加させて頂いております。よろしければぽちっとお願いいたします↓↓
      にほんブログ村 釣りブログへ

    • 2017.05.07 Sunday
    • -
    • 23:40
    • comments(0)
    • -
    • by おっくん

    南伊豆ポイント開拓 20170505 @かくさん、おっくん

    0

      みなさん、こんにちは。

       

      手の魚臭がとれない男、おっくんです。

      今回はメンバーのかくさんと一緒に南伊豆までポイント開拓にいってきました。

       

      南伊豆ではショアからもアカハタが狙えるときき、意気揚々と向かいます。

      そして、黒潮の当たる温暖な海域では私の大好きなヤツがうようよしているはずです。

       

      地図で調べた漁港に到着

      ロケーションは完璧です。

      到着しただけで魚が釣れた気持ちになれます。

       

      底は砂地に岩礁が点々と混じり、海藻がうっそうとしています。

       

      かくさんは泳がせエサ確保のサビキとショアジギ

      私は身エサでヘチとちょい投げ、ショアジギです。

       

      ベイトは小型のカタクチのようですが、群れが小さく、回遊のタイミングが非常にシビアです。

       

      いっぽう、ヘチの身エサには頻繁にアタリがあります。

      もぞもぞとしたアタリです。

      こいつは私の大好きなあれですね。

       

      ようやくフッキングし、取り込んだのはコイツだ!

      わたしの大好きなウツボです。

       

      タモを忘れてきたので取り込むのが精いっぱいです。

      まわりにはファミリーが数組いらしており、興味深々のご様子です。

       

      その直後、ちょい投げにもアタリが。

      またもやウツボをゲット。

       

      これを見たかくさんもウツボ仕掛けにチェンジしトライ。

       

      私のヘチにはそのあともしばしばアタリがあります。

      ウツボの魚影が大変濃厚なご様子です。

       

      しかし、かくさんの仕掛けにはなぜかアタリが少なめです。

       

      お昼になったので、コンビニであらかじめ用意しておいたお弁当を

      いただきますが、私のある野望をトライさせていただきました。

       

      ちょうど3本のウツボが上がった直後でしたので、

      食欲前回です。

       

      そう!現地食いをしてみたかったのです。

      本当はアカハタを刺身で食べたかったのですが。。。

       

      こちらが釣り上げ直後に速攻でばらしたウツボの刺身でございます。

      あとあと考えると、うつぼなんてやばいものを喜々として釣り上げたあげく、

      その場で解体し始め、しょうゆにつけて食いだすおっさん2人、

      まわりのファミリーからはお子さんの教育上考えさせられるものを見せつけてしまったかも

      しれません。

       

      そのあとは続かず、かくさんがようやくゲットした生き餌も瞬く間にロストしてしまい、

      ゴールデンウィーク渋滞も心配されるので早めの納竿といたしました。

       

      今回の釣行でウツボゲームについてまた考察が深まりました。

      <アワセについて>

      よく「口が堅いので鬼アワセ」ということが言われておりますが、

      私の場合は、アタリ中にゆっくりと聞き合わせのほうがようような気がします。

      ウツボの上あごは大変硬く、おそらくフッキングは不可能です。

      そうすると、針掛かりは横かした顎になりますが、必然的にしっかりとした

      アワセをいれると、上あごへの確立が高くなってしまうと考えられます。

      聞き合わせにし、うつぼの首ふりによる向うアワセによって、口の横側への

      かかり確立を増大させられるのではないかと考えられます。

      <タックルについて>

      わたしは100号負荷の船竿を使っていますが、かくさんはパキパキのショアジギロッドをつかいました。

      かくさんの穂先をみていると、竿が堅すぎて、アタリがかなり取りずらい状況でした。

      ウツボタックルとしては、強烈は引きに耐えうり、穂先である程度向うアワセが可能なものが

      よいのではないかと考えます。

       

      さて、釣り上げ、丁重に我が家まで持って帰られるウツボですが、

      強靭な小骨が気われる原因ではないでしょうか。

       

      今回、トライアルとして干物を作成しています。

      また、最近購入した圧力鍋を使用してみました。

      圧力をかけ、1時間ほど煮込みましたところ、かなり味は濃くなってしまいましたが、

      小骨が消失しました。

      これはいい発見です。

       

      これで遠慮なくキャッチアンドイートができます。

       

      それではまたノシ

       

        ブログランキングに参加させて頂いております。よろしければぽちっとお願いいたします↓↓
        にほんブログ村 釣りブログへ

      • 2017.05.07 Sunday
      • -
      • 23:24
      • comments(0)
      • -
      • by おっくん

      << | 2/71PAGES | >>