【幻釣公式ロゴ】

calender

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
        

categories

archives

                          
        

スポンサーリンク
          

        

links

ベストフィッシュ@北海道

0
    最近あんまり釣りに行ってないおらひです。

    過去の写真フォルダをいじってたら北海道にいたころのものが出てきたので
    印象に残っているものベスト5を紹介しようと思います。


    ま、単なる自慢話なので興味ない方はスルーしてください笑


    第5位


    アルプスのヤマトイワナ
    列島縦断の旅の途中、長野県で出会った個体。
    北海道じゃないけど、学生時代の思い出の魚ってことで。笑
    堰堤だらけの川で釣りました。
    赤いヒレと斑点が特徴的です。


    第4位


    サクラマス
    島牧の朝一釣行で、そろそろ上がろうか〜ってタイミングでヒットした個体。
    サイズは62cm。ガンガン引っ張り回されて心臓バクバクでした。
    同期の連中がうろたえる中、
    見ず知らずのおっちゃんがランディングを手伝ってくれました。


    第3位


    秋ヒメマス
    道東の湖で泊まり込みで釣ってきました。
    35cmぐらいのサイズがボコボコ釣れて、
    アメマスも40〜50cmぐらいのがぽろぽろ混じる感じでした。
    時々潜水艦みたいなアメマスが波打ち際をうろうろしてたり、
    ベニザケみたいな60cmぐらいありそうな奴がヒメマスと一緒に泳いでたり、
    あの湖はまた行ってみたいポイントです。


    第2位


    尻別川のニジマス
    サイズもさることながら、このしゃくれた顎!背中の曲線美!
    腹部まで達するスチールっぽいレッドバンド!
    本州人が釣りたい北海道のニジマスのイメージをそのまま形にしたような魚。
    たぶん今後の釣り人生において、こいつを凌ぐ個体には出会えないであろう1匹。


    第1位


    イトウ
    先輩たちに付いて行って釣らせてもらった人生初のイトウ。
    感激しすぎてファイト中の記憶が吹き飛んでるのは後にも先にもこの1匹だけ。
    フッキングした瞬間、根掛かりがヘッドシェイクを始めて、
    水面が爆発して、気が付いたら足元にイトウが横たわってました。
    今はもう遠い場所となってしまった北の湿原。
    いつか再び、あの場所に立ってイトウを釣りたいと思う。

    2013年 道南河川ブラウン釣行@ヒロ

    0
      こんばんは、幻釣代表のヒロです。

      今宵も、釣りに行けぬ憂さ晴らしに過去の思い出に浸りつつ、書き記したいと思います。

      季節は夏。晴天の中、ブラウントラウトで有名なN川に先輩と二人での釣行。


      ホームリバーであるO川はとにかくブラウンの魚影が濃いのです。9割ブラウン、残りの1割がアメマスって感じでしょうか。

      いつもの入渓点に早朝に到着し、ゆっくり釣りあがります。

      使用ルアーはSmith D-インサイトです。D-コンタクトの平打ちを強調したヘビーシンキングミノーですね。

       

      開始早々、反応は上々で小型が遊んでくれます。今日はかなりいいかも!

      やや釣りあがったところに、ちょっとした堰堤があってそこが一大ポイントなんですが、その前の小場所で何気なくキャスト・・・

      すると、落ちたと同時に強い当たり&首振り!
      予想外の大物に焦ります。

      なんとか首振りファイトに耐え、無事ランディング。45cm位でした。

      サイズよりもこの美しい魚体をご覧ください。アメリカのお菓子みたいにカラフルでしょ!?
      s-P8110043.jpg

      このあとも40cmオーバー4本を筆頭に30匹以上釣れ、大満足の釣行となりました。

      また訪れたい川トップ10に入る思い出の川です。

      2013年3月 函館・知内 サクラマス釣行@ヒロ

      0
        皆さんこんばんは、幻釣代表のヒロです。

        最近はあんまり釣りに行けていません。
        なので、過去の釣行記思い出を振り返りながら、釣行記を書きたいと思います。。。

        皆さんの釣りのちょっとした参考になれば幸いです。


        2013年の3月末。北海道の道南地方ではこの時期海サクラマスが盛んです。道南の海サクラのシーズンは1月初旬〜5月頭くらいでしょうか。それに対し、海サクラより若干早く12月頭頃からが海アメのシーズンですね。


        日の出に合わせて、函館から木古内・知内へ向かいます。

        北海道の3月はまだまだ寒いです。東京ではもう桜が・・・・

        さすがにガイドが凍りつくまではないですが、朝一の冷え込みは身体にこたえます・・・



        それでもこの時期は、サクラ狙いのアングラーで海岸は大いに賑わいます。8割ルアーマン、2割がフライマンというところでしょうか。


        この日は有名ポイントが激混みだったので、少し離れたサーフに友人と入ります。

        快晴&ベタ凪。こんな日は正直、あまり期待できません。


        ちなみにタックルは、
        10.9ftのシーバスロッドに、ルアーはショアラインシャイナー。細かいスペックは忘れてしまいました。笑

        比較的中〜表層を狙います。


        一時間程、降り続けるも反応なし。今日は駄目かと上がろうとしたところに、ボイル発見!すかさずキャスト!

        すると、すぐにヒットしました!じーじードラグ音が鳴り響きます。でもそこは、根も一切ないひろーいサーフ。ばれないように慎重にファイトし、ずり上げに成功。

        sakura.JPG

        サイズは49cmだったかな?これが人生で2匹目のサクラマスでした。

        結局この日はこの一匹で終了。空振りすることも多い海サクラですが、釣れた時の喜びは一塩でしたね!!


        本州では河川でサクラマスを狙う釣りになりますが、北海道の海サクラに比べれば、ヒット率は格段に下がるかと思います。
        でも、あの日の北の大地での思い出にひたる為に、来年は富山にでもプチ遠征しようと思いますよ!


         

        2013.道南 木古内大川の大イワナ@ヒロ

        0
          皆様こんばんは、ヒロです。
          過去の釣行記第二弾です。


          早速ですが、写真をどうぞ。

          IMG_0474.JPG

          これが大川で出会った、思い出の大岩魚です。格好いい顔つきでしょ!?

          で、なぜこの魚が思い出なのかと言いますと、2度釣れてくれた魚だからです。


          こいつとの1度目の出会いは6月中旬、いつもは入らないポイントまで足を延ばした日でした。


          緩やかにカーブしていて、やや水深のある淵が遠くに見え、私はそーっと息をひそめ、近づいていきます。


          これ以上は察知されてしまうというところまで行き、伸長にルアーをキャスト。ちなみにこの時のルアーはSmithのD-コンタクトです。

          一投目、奥から大きな魚が出てきた!しかし、食わせられず。

          二投目、また追ってきた!だが、ルアーを引ける距離が短く中々食わせられません。

          そんな感じで投げ続け、六投目。遂にピックアップギリギリのところで食った!!!!


          強烈な首振りで深みに戻ろうとします。何とか竿でいなしネットイン。

          デカい!やややせてはいましたが立派なエゾイワナです。腹の黄色が美しい・・・

          計測すると37cm。降海したアメマスに比べれば、大きいと言えるサイズではありませんが、それでもカッコいい魚です。



          丁寧にリリースし、その日は納竿です。


          時は流れ、9月中旬。季節は進み道南は秋模様です。ふと、6月のことを思い出し、大川のあのポイントに向かいます。

          そして、あの時と全く同じルアーを全く同じポイントにキャスト。


          すると、何ということでしょう!あのときの大岩魚らしきがヒットしたではありませんか!

          ばらすまいという集中力と突然の再開での驚きで、心臓はバクバク。。。


          そして、見事キャッチ!本当にうれしかった。。。



          なぜ、その魚が以前に釣った岩魚と分かったのかというと、以前釣った時に、その岩魚には頭部に特徴的な傷が2か所あったのです。(写真写っていない、反対側に傷がありました)

          そして、今回釣ったのもまったく同じ場所に2か所の傷!これは間違いない!あの時のイワナだ。


          久しぶりの再会に感激しました。そして、計測すると、38cm!ちょっと成長していました。そして、以前に比べまるまると太っています。

          その成長を我が子のように喜んだあと、またいつか会いに来るよ、と心の中で別れを告げてその場を去りました。


          以上が、この大岩魚との思いでです。

          いつか、北海道を訪れた時は、50cm、いや60cmを超えたあいつに会えるといいなぁ。

          | 1/1PAGES |